担当者:内田 金寅川

diversity sports club独自のプレパレーショントレーニングを取り入れた多種多様な運動を年間25種目~50種目の組み合わせたメニューにより幼少期の時期から身体全体を使った運動を行います。幅広い運動の中から自分に合った運動競技を選ぶことによって将来性のある競技を選ぶことに繋がります。

幼児期

この時期は、遊びの中で自らが体を動かす楽しさや、心地よさを実感することが大切です。運動機能が急速に発達する時期でもあり、多様な動きが経験できるよう様々な遊びを取り入れることを主としています。

基本的な動きには、「体のバランスを取る動き」「体を移動する動き」「用具を操作する動き」があります。それらの発達の特性に応じた遊びを提供することで、将来的にスポーツに結び付く動きなど、基本的な動きを多様に身に付けやすくなります。

6~8歳(小学校低学年)

プレゴールデンエイジといわれ、成長の中でもっとも神経系が発達する時期といわれています。「俊敏性」「平衡感覚」「巧緻性」といった運動神経を鍛えるのに効果的な時期であり、多種多様な動きを作る運動遊びを提供することで、スポーツに必要な動作を身に付けることができます。

この時期では、スポーツを上手にできる技術ではなく、さまざまな動きを通して、基本的な動作を習得させることを大事にしています。

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%