担当:室井 由起子

スポーツにも向き不向きがあるように、食品にも自分にあう食べ方があります。消化吸収能力は人によって異なり、いつ何をどれだけ摂取するかで身体が変化してきます。特に、幼児期から、自分に適した食べ物を選んで食べられる能力を身につけることで、大人になってもこまらなくなります。一緒に食事を整えるトレーニングをしていきましょう。

スポーツを行う上で、基本となるのが、普段の食生活を整え、パフォーマンスを発揮できる身体作りを行うことです。食べ物は、スポーツをするために欠かせない手や足、骨、筋肉といった目に見えるだけでなく、自分のメンタルをコントロールする感情や性格まで作っているのです。そのため、自分が選んで食べたもの一つ一つが大切になってくるのです。

しかし、身体は、日々、作り変えを行っており、スポーツと同じように、食もトレーニングが必要となってくるのです。食トレーニングも、食生活を変えたその日から結果は出すことはできず、約半年かかり、根気よく行っていく必要があり、幼い時から行うことが不可欠なのです。パフォーマンスを発揮するための食も大切ですが、まずは生涯続く食生活の基礎を作っていくことが重要となるのです

幼児期は、社会的にも発育発達していく時期であるため、食事・生活リズムの基礎の形成・味覚の形成・咀しゃく機能の発達・食事のマナーの基礎を形成していく重要な時期をなります。また、体重が年間2kg増加するため、それに伴い食べる量が増加しますが、消化・吸収機能が未熟であり、胃の容量も小さいため、3食の食事で足りない分の補食として間食で補う必要があるため、間食も食事の一部として考えていく必要があります

 6~8歳の小学生低学年では、幼児期に引き続き、穏やかに発育発達していくため、主食・主菜・副菜のバランスよく食べていく必要があります。主食となるご飯・パン・芋類、主菜となる卵・肉・魚、副菜となる野菜類を3:1:2の割合で食べるように心がけるとバランスよく食べられるようになります

 9~11歳の小学生高学年期から、12~15歳の思春期にかけ、乳児期につぐ、発育急進期を迎えるため、この時期に栄養補給を欠かしてしまうと身長も伸びなくなります。特に、スポーツをしていると、筋肉をつける食事ということで、肉・魚・卵類のたんぱく質食品に偏ってしまうことやプロ選手が使用しているプロテイン等に目がいくことで、ご飯やパン等の糖質補給がおろそかになってしまう傾向もあります。エネルギー源をきちんと摂取しておくことで、たんぱく質も身体のなかで機能し、身体を作っていくため、偏らず食べるようにしていくことが大事です

 スポーツにも向き不向きがあるように、食品にも自分にあう食べ方があります。消化吸収能力は人によって異なり、いつ何をどれだけ摂取するかで身体が変化してきます。特に、幼児期から、自分に適した食べ物を選んで食べられる能力を身につけることで、大人になってもこまらなくなります。一緒に食事を整えるトレーニングをしていきましょう

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%